鍼で目の疲れスッキリ
赤岩治療院
電話する

ドライアイへ涙の分泌を促す鍼治療をご紹介

ドライアイは、たんなる”目の乾き”ではありません。

最近の研究では”涙の量の減少”だけでなく

”涙の成分の不安定”ということが分かってきています。

 

涙の分泌を高めて成分を安定させることが

ドライアイ対策のカギになりますね。

 

ドライアイをコントロールして

目の不快感を改善していくために、

当院の治療をご紹介いたします。

ドライアイと鍼のページへ

院内の様子

広がりにくい涙

涙は油層・水層・ムチン層の3つの層になっています。

涙の成分が不安定なバランスになると

目の表面に涙がまんべんなく広がりにくくなります。

 

 

 

すると、潤いが保たれず目の表面は乾燥し

涙のバリア機能が上手くいかずに

目の表面が傷ついてしまうのです。

 

 

 

 

肌も乾燥するとバリア機能が壊れ

アレルギーや炎症などが

起きやすくなってしまいますが、

眼にも同じような事が起きるようです。

目の乾き…だけではないドライアイの症状とは

目が乾いた状態になると様々な症状が現れます。

  • 目の乾燥感
  • 目がゴロゴロする
  • 目が疲れやすい
  • 目がかすむ
  • 目が痛い
  • 物が見えにくい…など

 

 

 

ドライアイーというと乾いた目の状態と

考えがちですが、

”見る”機能にも異常が現れることが

明らかになっているようです。

ドライアイをコントロールしよう

ドライアイを上手にコントールするには、

  • 目をこまめに休ませる
  • エアコンや空調の風から目を守る
  • 空気の乾燥から目を守る
  • コンタクトの時間を短くする

などがあります。

 

 

 

また、

セルフケアとして目のまわりを温めたり

目のツボ押しもおススメです。

こちらもぜひご参考になさってください。

眼精疲労に効くツボ押しと体操

眼精疲労回復蒸しタオルの作り方

 

 

 

参考:公益社団法人 日本眼科医会-ドライアイに悩む方へ