鍼で目の疲れスッキリ
赤岩治療院
電話する
 · 

目の痙攣、まぶたのピクピクへのツボ

風の強い春が近づいていますね。

強く吹きあがる風は人間の顔面や頭部に

トラブルを起こすと東洋医学では

考えます。

 

 

 

 

最近ご相談が増えている

”目の痙攣”のツボをご紹介します。

目や頭のツボへの鍼
目や頭のツボへの鍼の様子

目の痙攣はなぜ起こる?

まぶたがピクピクと痙攣するのには

●パソコン・スマホの長時間の使用

●体の疲れや精神的な疲れ

●睡眠不足

●コンタクトや眼鏡が合っていない

 

 

 

 

 

といった眼精疲労の状態で

起こりやすいと考えられています。

 

 

 

 

まぶたの痙攣は

「眼瞼ミオキミア」と考えられており、

 

 

 

 

 

 

目の周りにある”眼輪筋”という

筋肉の興奮により起きると言われています。

 

 

 

まぶたの痙攣で困った時のツボ

●承泣(しょうきゅう)

正面を見て瞳孔から垂直に下に下がると

骨があります。

その骨の上の際にあります。

●四白(しはく)

”承泣”のすぐ下をたどるとある

骨の小さな穴のようなくぼみの辺り。

●瞳子髎(どうしりょう)

目尻(目の外側の端)から5~7mmほど

外側の辺り。

 

眼輪筋にはいくつかツボがあります。

まぶたのピクピクが続いて困ったときは

ご自分でツボを刺激してみましょう。

 

 

 

 

 

ただ、目の周りは皮膚がとても薄いため

強いマッサージやツボ押しは

おススメできません。

 

 

 

 

 

 

ご自分で刺激する場合は

清潔な手で、指の腹の柔らかいところで

やさしく押さえる程度にします。

 

 

 

 

 

まぶたの痙攣は

目の疲れだけでなく、

体やメンタルの疲れも蓄積されているます。

 

 

 

 

 

お困りの方は

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

眼精疲労の鍼治療が専門

赤岩治療院 鍼灸師 赤岩聡