鍼で目の疲れスッキリ
赤岩治療院
電話する

眼精疲労の鍼が専門の鍼灸院

当院は眼精疲労を専門にしている鍼灸院です。来院されるほとんどの方が目の症状にお悩みの方で、治療実績は9,365人です。(2020年現在)

こんな症状の方が多くご来院されます

  • 「スマホの画面を見るのがツライ」
  • 「目の奥をギュッと引っ張られる」
  • 「首の後ろのこりがツライ」
  • 「こめかみが締め付けられるようだ」
  • 「頭痛がヒドクなると吐き気がする」
  • 「疲れてくると物が二重に見える」
  • 「仕事中の眠気でまぶたが落ちてくる」

ごあいさつ

院長の写真
鍼灸師:赤岩 聡

はじめまして。鍼灸師の赤岩 聡と申します。

 

私自身、目の症状が辛くて眼科を受診し、それでも中々改善せずに悩んでいた時期がありました。


整体マッサージをしているところ
「お気軽にご相談ください」

「この目のつらい症状をなんとかしたい!」と試行錯誤して得た経験を活かして取り組んでいます。

 

施術は全て、厚生労働省認定の国家資格(はり師・きゅう師)を取得した私が担当いたします。

参考:厚生労働省はり師国家試験


当院の特徴

特徴1 眼精疲労の専門

目の周りと頭に鍼

目や頭のツボを使った眼精疲労改善のための内容です。

特徴2 鍼と手技を組み合わせた施術

目のツボを押しているところ

鍼に手技を組み合わせることで、回復の効果を高めます。

施術の流れ

問診&身体の状態をチェック

首の動きを検査
  • 首の動きや、首・肩から背中の筋肉の状態をチェックします。
下矢印

うつ伏せ

背中に鍼するところ
  • 手技:肩から背中を中心にこりをゆるめながら鍼が効果的なポイントを見極めます。
  • 鍼:後頭部や肩甲骨への鍼や目に効果のある背中のツボに鍼をします。
下矢印

仰向け

こめかみをほぐしている
  • 手技:後頭部や首の横をしっかりとほぐし、目の周り・頭皮をていねいにゆるめます。
  • 鍼:目の周りのツボや目に効果の高い手足のツボに鍼をします。

 

※上記は一例です。症状や体質に合わせて最適な施術を組み立てます。

院内の様子

院内のようす
ベッドと椅子1つ

ベッド一台の落ち着く空間

患者さんに施術を受けていただく時間は、

できるだけ落ち着いた空間でくつろいでいただきたい…

 

という思いから、

窓は遮音性の高い2重窓を設置しております。

 

これにより、

恵比寿という街中にありながら、

余計な物音から解放される空間となっております。

 

また、

他の患者さんやスタッフの気配がないので、

心身を休める場所として、ゆったりとしたひと時を過ごしていただければと思います。

開院9年目を迎えました

2012年3月に現在の場所で開院してから、

今年で9年目を迎えることができました。

 

患者さんは、

ご近所の方をはじめ、神奈川、埼玉、千葉からもお越しいただいております。

 

今後も患者さんのお役に立てるよう、

質の高い施術を目指して努力してまいります。

お知らせ

2020.03.01

4月のカレンダーを更新しました!

2020.02.14

首の奥のコリのブログを更新しました。