東京都渋谷区恵比寿にある眼精疲労専門の鍼灸院
赤岩治療院
電話する

眼精疲労の鍼治療が専門の鍼灸院

眼精疲労の専門治療

赤岩治療院のホームページをご覧いただきありがとうございます!当院は眼精疲労の治療を専門としたベッド一台の鍼灸院です。

治療はすべて「はりきゅう師」の国家資格を持つ赤岩 聡が担当いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

目次

①私の眼精疲労の治療への思い

私も以前眼精疲労で困っていました

私自身も10年位前に、

眼精疲労で悩んでいた時期がありました。

 

目を動かした時の痛みと

同時に起こる頭痛が主な症状で、

近所の眼科と大学病院の2か所で診てもらいました。

 

精密検査の結果、

目自体に異常は見つからなかったのですが、

原因は分からないという診断でした。

「良くなるのだろうか…」

という気持ちでとても不安でした。

 

そんな中、

「鍼治療でなんとかなるかもしれない!」

と鍼灸師の妻に協力してもらい

自分自身に目のツボへの鍼やマッサージ

などあらゆる方法を試しました。

 

試行錯誤の末に得た治療法が功を奏して

悩んでいた眼精疲労の症状は改善!

不安だった気持ちも軽くなっていきました。

 

眼精疲労の症状に対して

不安な気持ちを感じている方に

「安心して欲しい…」という思いで

眼精疲労の治療に力を注いでいます。

目の鍼って大丈夫?

②治療内容

治療内容の説明

鍼と手技療法の相乗効果!

はりと手技の相乗効果

当院では、

鍼と手技のそれぞれの良さを活かすように組み合わせる独自の治療法で、

より高い治療効果をあげています。

整体やマッサージの素晴らしい効果

整体マッサージは眼精疲労に効果ある?

そんな疑問をお持ちの方も多いようです。

「マッサージはその時は気持ちが良いけど…」と

その時だけの効果だと思われているかもしれません。

 

しかし、

整体やマッサージは次の2つの点からも

眼精疲労の治療にとって大きな役割を担っています。

 

①患者さんの身体の状態を手で読み取ることができる

『眼精疲労』と一言でいっても、

その症状はお一人おひとり違います。

 

患者さんの身体の状態を、

手で読み取ることは治療する上でとても大事なことです。

これは長年の整体やマッサージの経験によって得た感覚です。

 

身体の状態をしっかり把握できてこそ、

患者さんにとって最適な治療を組み立てることができます。

身体の状態は次のようなことが分かります。

 

  • 筋肉のこり具合
  • こりのポイントの場所
  • 自律神経の乱れが起きているかどうか
  • 身体全体のバランスがどうなっているか・・など

 

②オキシトシンの分泌を高める

オキシトシンは『幸せホルモン』ともいわれています。

整体やマッサージを受けている時に「気持ちが良いなぁ・・」

という感覚を感じることで、

オキシトシンの分泌が高まることが分かっています。

 

【オキシトシンの効果】

  • 脳や心が癒される
  • 幸せな気分になる
  • 不安や恐怖が減少する
こりをゆるめてオキシトシンUP!

③鍼って痛いの?

鍼って痛くないの?

鍼について不安を感じる方も多いようです。

 

実は私も、

鍼の強い刺激は苦手です。

そんな私でも鍼が心地よく響いて身体がゆるむ感覚は、

とても気持ちがいいと感じています。

 

だからこそ、

その気持ちよさを感じていただきたい!と思い、

刺激量には細心の注意を払っています。

 

痛みの感覚には個人差がとても大きいので、

文章でお伝えするのは難しさもありますが、

鍼がはじめての方にもできるだけイメージしていただけるようご紹介したいと思います。

鍼の2つの感覚

チクッとつねるような感覚

爪の先で皮膚をつまむような感覚に似ています。

一瞬で消えることが多いのですが、

数秒続く時もあります。

ジ~ンと響くような感覚

身体の奥に響くような感覚です。

筋肉のこりが強い時や症状が強い時は、

この刺激を感じることが多いようです。

鍼灸の鍼は注射の針とは違います

”はり”というと、

注射の針をイメージする方も多いのですが、

注射の針と鍼治療の”はり”は形や構造が全く違います。

                                    

鍼治療の”はり”は『痛みが起きにくい構造』になっています。

 

ですから、

「鍼が苦手!」という方にも、

是非試してみていただきたい!そして、

その効果を実感していただければと思っています。

 

また鍼の感覚は、

その時の体調や心理的な緊張などによっても感じ方が変わります。

ジ~ンと響くような感覚は調整することができますので、

もし治療中に気になることがありましたら、

なんでもおっしゃってください。

鍼は思っていたより痛くなかったです

④どんな効果があるの?

目が疲れて辛い!何か良い方法はない?

「鍼は眼精疲労に効くの?」このような疑問を感じていませんか?

 

近年、NIH(アメリカ国立衛生研究所)が発表した、鍼灸が西洋医学の代替治療として効果がある病気の中にで、鍼による眼精疲労の効果が認められています。

参考:公益社団法人 日本鍼灸師会のページへ

 

ここでは、

『なぜ目の症状に鍼が効くのか?』その効果についてご紹介します。

1.目のツボの効果

ツボの効果

目の疲れを感じた時に、

目頭や眉頭など目の周りを押さえたりしませんか?

 

その押して気持ち良いと感じるポイントが

目のツボ』です。

目の周りにあるツボ

目のまわりには目に効果のある『ツボ』がたくさんあります。

 

治療では目のまわりにある『ツボ』に鍼をします。

 

手で押さえるよりもグッと効果があります!

 

また『目に効果のあるツボ』は頭・手・足・背中などの目と離れた場所にもあります。

目と離れた場所のツボ

これは東洋医学による考え方で、

目と離れた場所にある『ツボ』への刺激が『経絡』というラインを通じて目に作用する…という理論です。

 

目の周りにあるツボと目と離れた場所のツボを同時に刺激できるので、

ツボの組み合わせによる相乗効果の高い治療です。

2.『こり』をゆるめる効果

後頭部のこりがツラい

眼精疲労の方の多くが、

目の症状に加えて後頭部のこり肩や首のこり背中のこりといった『こり』を強く感じています。

 

『こり』はツラいだけでなく、

痛みや神経の緊張を引き起こします。

 

ですから、

『こり』をゆるめることが 眼精疲労の改善のために大事なポイントとなります。

こりのポイントに届く鍼

後頭部や首などのように 筋肉が何層にも重なった部分の『こり』でも、

鍼はそのポイントに届くことができます。

下矢印

鍼による身体の反応により、

血流を改善し『こり』をゆるめることができます。

こりのポイントに鍼を刺している様子

※頑固な『こり』にご注意を

こりが中々取れない

「ほぐしてもすぐにこってしまう・・」

というような頑固なこりがある方も増えてきています。

 

これは、

筋肉がこり固まった状態が長く続いたり、

繰り返し起きることによってできる『頑固なこり』です。

 

このような状態が続くと、

『こり』の情報を伝える神経の働きが過敏になり、

少しの刺激でも筋肉が勝手に収縮して『頑固なこり』を作ってしまいます。

 

また痛みを感じる感覚も敏感になってきて、

筋肉自体はかたくなってないのに、

「こっているな~」「痛い~な~」と感じことがあるのです。

 

このような場合、

一度の治療で『こり』を完全にゆるめることは難しいですが、

定期的に治療し『ゆるめる』という信号を送ることで、

徐々にゆるんだ状態を伝える神経が働き、

感覚のバランスが整っていきます。

早めの治療がおススメです。

3.自律神経を整える効果

目と自律神経の関係

「自律神経と目にどんな関係があるの?」

こんな疑問をお持ちの方もいると思います。

 

自律神経と言われても、

目には見えないものなのでイメージしづらいですよね。

 

いったい目と自律神経には、

どんな関係があるのでしょうか?

 

例えば・・・

『目のピントを合わせる』実はこの働きも、

自律神経が関係しているのです。

 

目が疲れてくると、

ピントが合わなくなる方も 多いかと思います。

目のピントを調節する毛様体筋

目のピントを合わせるのは、

毛様体筋という目の中にある筋肉の働きが関係しています。

 

毛様体筋はレンズの役割をしている水晶体の周りを取り囲むようあり、

ゆるんだり縮んだりしてレンズの厚みを調整することで、

目のピントが合うようにしています。

 

そしてこの毛様体筋は自律神経の働きで調節されています

毛様体筋は自律神経で調整

他に、

目のうるおいを与えるための涙の分泌にも自律神経が働いています。

 

このような理由から、

眼精疲労の改善には自律神経を整えることが大事だと考えます。

⑤院内の様子

くつろぎのプライベート空間

ベッド一台の個室治療院です

「患者さんに治療を受けていただく時間は、

できるだけ落ち着いた空間でくつろいでいただきたい… 」という思いから、

窓は遮音性の高い二重窓を設置しております。

 

これにより、

恵比寿という街中にありながら、

余計な物音から解放される空間となっております。

 

また、

他の患者さんやスタッフの気配もありませんので、

『心身をゆったりと休める場所』として、

治療のひと時を過ごしていただければと思います。

⑥院長:赤岩聡よりご挨拶

赤岩聡よりごあいさつ

お知らせ

2019.04.25 よく雨が降りますね~。
2019.04.20 料金・施術の流れのページを更新しました
2019.04.03 営業日カレンダーを更新しました
2019.03.27 LINE予約を開始しました。
2019.03.09 お支払いにPayPay(ペイペイ)が使えるようになりました。