東京で眼精疲労の鍼なら赤岩治療院
赤岩治療院
電話する

眼精疲労の原因

パソコンやスマホで目を酷使すると、目の筋肉に疲労が溜まりその結果目のピントが合わなくなったり、目がかすむなどの目の症状を中心とした症状を感じます。いわゆる「疲れ目」の状態です。「疲れ目」の状態に適切なケアで目の疲労が解消されればよいのですが、さらに目を酷使することで目の症状にくわえて、頭痛や吐き気、肩や首のこりや痛み、よく眠れない、イライラしやすいなど自律神経の乱れによる身体全体の症状が起きてきて、このような状態を「眼精疲労」といいます。

1.目の使い過ぎ

近くの物を見続けると、目の3つの筋肉を緊張し続けることになります。

目を使い過ぎると、これらの筋肉がこり固まってうまく働かなくなり、ピントを合わせることや光の量を調整することが難しくなります。

1.毛様体筋

眼精疲労で目がぼやける

朝から長時間パソコンを見ていて夕方に画面からふと目を離して遠くを見ようとした時にピントが合わずにぼやけて見えたりします。(ピントフリーズ現象)

 

目は、水晶体の厚みを変えることでピントを調整しています。近くを見る時には水晶体は厚く、遠くを見る時の水晶体は薄く厚みを変化させることで、ピントを合わせてはっきり見ることができます。

 

老眼は、老化によって水晶体の弾力が失われてしまっていて近くを見ようとした場合に、物理的に水晶体の厚みを厚くすることができない状態です。老眼は個人差もありますが30代後半位から始まっていると言われています。

 

しかし、最近では老眼と同じ目の症状を訴える人が年齢の若い人に目立つようになっています。目の使い過ぎで毛様体筋を酷使しすぎると、近くの物を見ようとした時にうまく筋肉(毛様体筋)が働かないため、老眼と同じように水晶体を厚くすることができないために、近くが見えにくくなってしまいます。今ではスマホやゲームのやり過ぎで小学生までもが老眼と同じような症状に悩んでいるケースも少なくないようです。

毛様体筋とは…?

水晶体(レンズ)の厚みを増すために働く筋肉。近くの物を見る時は、網膜に焦点を合わせるために、水晶体の厚みを増す必要があります。近くの物を見ている時は毛様体筋が緊張し続けています。逆に遠くの物を見る時は毛様体筋は緩んでいます。

2.内直筋

近くを見続けて眼精疲労に

小さな文字を読む場合や細かい作業をする時は、見たいものを見えやすいように顔を寄せて目と物の距離を縮めようとすることがあります。老眼の場合はその逆の場合もあるかもしれません。

 

このように、スマホの画面を顔に近い位置で操作すると、無意識に眼球を内側に寄せる動作をしているのです。この間ずっと目の内側直筋が緊張し続けることになって疲労してしまいます。

内側直筋とは…?

目を内側に寄せるために働く筋肉。近くの物を見るときはいわゆる寄り目と言われるように眼球を内側に向ける方向に内側直筋が緊張します。

3.瞳孔括約筋

眼精疲労の目の状態

一日パソコンの画面を見続けたり目が疲れてくると、夜になって普段は眩しく感じないような部屋の蛍光灯の光がやけに眩しく感じるようになったりすることがあります。これは目の使い過ぎにより瞳孔括約筋がうまく働かずに、目に入る光の量を少なく調節することができないため、眩しくて物が見えにくくなっている状態になっています。

瞳孔括約筋とは…?

瞳孔(ひとみ)を小さくするために働く筋肉。近くの細かい物を見る時には、無意識に目に入ってくる光の量を少なくすることで、網膜に焦点が合う範囲を広めて物を見えやすくなるようにしている。

2.眼鏡やコンタクトが合っていない

メガネが原因で眼精疲労に

メガネやコンタクトを使用している人のほとんどの人が、度が強すぎる過矯正の状態と言われています。メガネを作る時にどうしても遠くを見えやすくしすぎてしまっていることが多いようです。


このような過矯正の状態で近くの物を見ようと水晶体の厚みを増そうとすると、通常よりもより毛様体筋に負担がかかってしまうことになります。メガネやコンタクトが合っていないと目の筋肉を酷使することになって眼精疲労の原因になっていることが多くあるようです。

 

また、加齢による老眼は個人差もありますが大体40代半ば頃から始まります。

 

老眼は加齢によって水晶体の弾力性がなくなって、水晶体の厚みを増すことが難しくなり近くの物に焦点を合わせることが難しくなる病気です。

 

老眼鏡をかけると目に負担なく楽に近くの物を見ることができますが、加齢による老眼の始まりと気が付かずにパソコンの画面のような近いものを見続けて眼精疲労の原因になっていることも多いようです。

3.ドライアイ

ドライアイによる眼精疲労

ドライアイは、涙の量が少くなることが原因で角膜や結膜に傷がつき、目の痛みや目の疲れ、目がごろごろする、目のかすみなどの目の不快な症状が起きます。


ドライアイが原因で物が見えにくくなったりストレスを感じて眼精疲労につながっているケースも多くあるようです。

 

涙は、まばたきをすることでまぶたの外側にある涙腺が刺激されて分泌されています。

 

パソコンやスマホなどの画面を見ていると、画面に集中することでまばたきの回数が通常の3分の1位に減ってしまい涙の量が減りやすくなります。

 

さらにストレスや緊張によって自律神経のバランスが乱れて涙の質自体も変わってしまい、これもドライアイの症状を起こしやすくなっています。

 

ドライアイの予防するには、意識的にまばたきをしたり、目周りをマッサージしたり、リラックスして目を休める必要があります。

4.精神的なストレス

ストレスや緊張している状態が続くと自律神経の交感神経が働いて筋肉も緊張してきます。

精神的なストレスがある状態では、痛みや不快なことに対して敏感になりやすく、さらにストレスを増加させてしまいます。これは、身体のストレスへの防御反応の一つです。

 

特に目は繊細な器官の一つで、目の不快な症状は精神的ストレスを悪化させやすくなります。眼精疲労を回復させるためには、十分な睡眠と心のリラックスも大事です。

5.トリガーポイント

首のこりが原因の眼精疲労

トリガーポイントとは、痛みやこり感やしびれなどの不快に感じる症状の原因がその場所とは全く別の場所にある場合にあって、その不快な症状を起こす「引き金となる点」をトリガーポイントといいます。


トリガーポイントの位置は、大抵触るとこり固まっていて、軽く押して気持ちよく感じたり、少し強く押すと痛みが出る場合が多くあります。

その場所を強く押すと触れていない他の部分に痛みや違和感が再現されることがあり、これを関連痛と呼びます。実際に、患者さんが訴える痛みやこり感を感じる場所には全く問題がなく、その場所の痛みやこり感を引き起こしている原因が関連痛という場合もあります。

 

そのような時には、その関連痛を引き起こしているトリガーポイントの治療が重要になります。トリガーポイントは、鍼灸でいういわゆる経絡やツボの考え方とは全く別の考え方によるものですが、トリガーポイントとツボの位置だけ見ると似ているところも多くあります。

 

筋肉のこりがひどくなるとトリガーポイントができてしまい、他の場所に痛みを出すようになってしまうことから、トリガーポイントの原因も普通の肩こりなどと同様にストレスや筋疲労が大きくかかわってきます。

 

とくに重力に逆らって姿勢を維持するために働いている筋肉(姿勢筋)は、無意識の状態で筋肉の緊張度合いを調節する必要があるので、他の筋肉に比べて筋紡錘という筋肉の緊張度合いを監視するセンサーのような働きをする部分が多く存在していて、交感神経が多く分布しています。

 

このため、精神的ストレスが交感神経を興奮させ背中や首や肩がこりやすくなるのです。

 

眼精疲労の症状の原因として考えられるトリガーポイントは、首や肩に多くあります。

 

トリガーポイントによる関連痛が目の部分や頭の部分にも影響します。つまり、目の奥が辛い・目が疲れる・頭痛・こめかみが痛いというような眼精疲労の症状の原因が、実は肩や首のトリガーポイントに原因がある場合も少なくはありません。

 

トリガーポイントの治療には鍼治療がよく効きます。

トリガーポイントのあるところの筋肉に鍼が刺さると、その瞬間にその筋肉だけがピクンと収縮を起こし、その後すぐにこり固まっていたその筋肉がじわ~っと緩むのが実感できることがよくあります。するとあれ?頭痛がとれた!という感じになったりします。